191119

 

こんにちは、天滋です。

 

「このサイトはイベントと発行物に関する情報発信専用にしよう」

と思い、ブログ記事の類をほぼ全て削除したのですが、
私がここ5年ほど使っていた投稿サイトが
来春で閉鎖してしまうこととなり、
気軽にブログを書ける場所が無くなってしまうので、
結局こちらに戻ってきました…💦

亀更新で中身のなさは健在ですが、
のんびり楽しくブログ更新できそうな投稿サイトに出会えるまで
またどうぞしばらくお付き合い下さい。

 

ついでにサイトデザインも変えました。

心機一転…とまではいきませんが、
黒背景で気持ちが落ち着きます。
うん、いい感じ❤

 

*・*・*・*・*

 

新潟市のマンガ・アニメ情報館で
今月10日まで開催されていた、
小畑健先生の作品展に行ってきました。

「NEVER COMPLETE 小畑健展」ですね。

 

9月半ば頃からしばらく実生活がわちゃわちゃしていたので、
あれこれ落ち着くまで待っていたら会期終了が迫っていました💦

今月に入ってようやく赴くことができたのですが、
会期終盤ということで人の入りもそれほど多くなく、
ゆっくりじっくり見て回ることができました。

私、展示物の見方が若干変態じみているんですよね。
なのであまり人が居ない方が良いから、
赴いたのが会期終了間近で良かったかもしれないw

 

超絶技巧てんこ盛りの美しい生原稿を拝めるとのことで
この大チャンスを逃してはならんと行ってきたわけですが、
いやぁ…行ってよかった、本当に。
諦めなくて良かったぁ。

第一線で活躍されている漫画家さんの原稿なんて
そうそう拝めるものじゃありませんしね。
少しでも何かしらのエッセンスを汲み取れるなら、
絵を描く者の端くれとしては行かざるを得まいて。

 

 

正直言うと、
小畑先生の作品をマトモに読んだことがあるのは
「DEATH NOTE」くらいなのでござる。
なので、ここで初めて「ヒカルの碁」に触れたのですが…

ああ、なるほど。これは面白いわ。
展示されていた原稿は連載全体のほんの一部分だけだけど、
その一部分からでも面白い作品なんだろうなということが
ぐいぐい伝わってきました。

そりゃあ人気があったわけだよ!
碁石を構えたキャラのサークルカットをめっちゃ見たもんwww

そんでもって、佐為さんとやらは男性なのね?
烏帽子を被ってはいたけど、あまりにも美人すぎて
てっきり女性(男装の麗人てやつ)なんだと思ってたな。

碁盤と碁石の描き込みの緻密さにキュンキュンしました。
こんなんずっと見てられるわい。

 

「バクマン」もここで初めて触れました。
コマ割りと構図とアングルが豪快!面白い!

漫画の世界を描いているだけあって、
漫画自体がとっても漫画らしいのですね。
キャラの個性や表現・画風の振り幅がすごくて、
ただただ感嘆の息をつくばかりです。

 

 

もちろん、カラーイラストの生原稿もあって、
こちらも穴が開きそうなほどガン見する。

これほぼ全部コピックなのよねぇえええええ!?!!

コピックで広い塗りは大変なはずなのに、ムラがない。
細かい部分もはみ出しがほとんど無い。
線画の線自体細いのに!!

展示の解説によれば
小畑先生はカラーは苦手でいらっしゃるとのことですが、
苦手の意味をご存知なのかと疑いたくなる美麗さでござった。

 

展示された生原稿を一枚一枚じっくり見ながら、
会場内を約3時間かけて見て回りました。
『ぃよーし、もう一周!』…と行きたかったけれど、
集中しすぎで体力も精神力も使い切ってしまい断念。

もう少し交通の便が良いところに住んでいれば、
もう一度足を運びたかったなぁ。

でも、図録を手に入れたし、
これを見れば生原稿の雰囲気を少しは思い出せるかしら・・・

 

 

 

 

 

この作品展に出かけるにあたり、
私としてはものすごく拝んでみたいものがあったんです。

『あったらいいな!ありますように!!』
と願いつつ足を運んだ結果…

 

おおおおお!!!あった!!!!!

 

「CYBORGじいちゃん G」

の生原稿ぉおおおお✨✨✨

 

これだよ、これ!!
私が何より拝みたかったの、これなんですぅううう!

画業初期で名義も違う古い作品だからか、
カラーも含めて数枚しかなかったんですけどね。
でも、一番見たかったのが見られてすごく嬉しかったぁん(*´♡`*)

 

かなり昔に友人がコミックスを貸してくれたのですが、
めちゃめちゃ面白くてハマってしまって。
それからずっと私も本が欲しいと思っていたのに、
どうして今まで文庫版も電子版も探そうと思わなかったんだろ??

まさかなぁ。
文庫版が出てたとは思わなかったよなぁ。
あー紙媒体で欲しかったわー。

と、今更嘆いてもしょーがない。
お陰でようやく電子版があると知れたので、
早速ひとまず1巻を購入しましたよ。

へへ、嬉しい☆

 

 

 

 

 

そんなわけで、気分転換につい描いちゃったぜ。
こうでもしないとジジイ描かねぇしと思って。

Gちゃんと、若かりし頃のGちゃん(時次郎さん)。

私の画力では伝えきれないけど、
若い頃のGちゃん、ドチャクソイケメンなんだよな。
あまりにも好みにどストライクなイケメン具合だったので、
借りた本を舐め回すように見ていた記憶がありますw

 

このマンガを貸してくれた友人(ジャンプ作品に強い)がGJすぎて、
ホント、尊敬と感謝しかないッス。

ありがとぉおおう✨✨✨