Butlers Cafe

 

 

こんにちは、天滋です。

 

しばらく前のことになりますが、

執 事 喫 茶

行ってきました。

 

「一度くらい行ってみたいかも~」程度の
ふわっとした感覚だったので、
特にご縁もなくここまで過ごしてきましたが。

いやあ…ついにデビューしちゃいましたよ。

 

きっと多分、一番有名なお店?ですかね。
某、乙女な街にある。

営業日と旅行日程が見事に合致したので、
これも何かの縁だよなと予約しました。

執事の皆さんに給仕されてみたかった
というのもあるけれど、
それよりも、サイトに掲載されてるお料理が
めちゃめちゃ美味しそうなんだもん。

どちらかというと、
そっちが頭から離れなかったかもしれない。

 

*・*・*・*・*

 

さて、予約当日。

お店に行くと、入口の前には
受付担当の執事さんがいらっしゃるので、
予約名を確認してもらったら
時間まで待機するという形になります。

その受付担当の執事さんが
プロフェッショナルなオーラを
ビシビシと放たれていらっしゃるものだから、
こちらのお嬢様スイッチも
即ONになっちゃうってなもんだぜ。
(背筋が伸びるよ!)

そして時間になると扉が開かれ、
我々帰宅したお嬢様たちは
中へと案内されるのであります。

 

ちなみに、中へ入ると
手荷物はほぼ一切持たせてもらえません。
だって、お嬢様ですもの。

 

*・*・*

 

担当して下さる執事さんは
多分、予約したグループごとに二人ずついて、
実際給仕に当たる方(フットマン/爽やかな若者)お一人と
その上司(責任者/渋いおじさま)って感じなのかな。

我々は二人組だったので給仕はお一人だったけど、
もっと人数の多いグループだったら
フットマンの数は増えるかもしれない。

 

私、てっきり、こういうところって
メイド喫茶と同じように
若い執事さんしかいないと思ってたんだけど…

ダンディなおじさまもいるし、
じいやさんもいらっしゃる!!!!!

若い執事さんも大変魅力的だけれど、
執事に関しては私は
おじさま~おじいさま萌えするので、
もうホント最高でしたわ。

 

*・*・*

 

担当フットマンさんから
メニューや店内の過ごし方について説明され、
その後じっくりメニューを選びます。

食事は割とすぐ決まるんだけど、
悩むのがセットの紅茶。
全部で50種類くらいあるそうで、
説明を読んで選ぶのはなかなかの労力ですぞ。
(ある程度サイトを見て決めておく方が良さそう)

気になったものは色々あったけど、
初めて来たお店なので
とりあえず基本的な紅茶を選びました。

 

そういやこちら、
使用されている食器類が
超一流どころのものでしてね…

紅茶、WEDGWOODのティーカップで出てきたよ。
(他のブランドのものもあるらしい)

雰囲気だけじゃなくて、
こういう小物とかの細かいところまで
とことんお嬢様仕様なのが素晴らしい。

 

食事の方は、私は今回
アフタヌーンティーセットを選びました。
他の料理も美味しそうだったけど、
アフタヌーンティーは未経験だったので
ほぼ一択だったな。

ミニサンドイッチ3種と
(※サンドイッチorキッシュ選択制)
スコーン2種+ジャム類2種、
プチスイーツ2種。

優しく上品な味付けで美味しかったよ~!
どれも本当に美味しかった!

 

*・*・*

 

外出(退店)の10~20分くらい前になると
フットマンさんが伝票を持ってくるので、
テーブルでお会計を済ませます。

このお店は
お嬢様が社会勉強するための場所なので、
こうやってお金を支払う練習をするのだそう。

確かに、テーブルでお会計ってそうそうないから、
勉強になるよね、うん。

 

会計後、退店時間が来ると、
「お嬢様、そろそろお出かけの時間でございます」
と言って執事さんが迎えに来てくれます。

我々お嬢様は超多忙の身であり、
分単位の鬼スケジュールをこなさなければならぬゆえ、
いつまでもお店に居られないのです。
ワガママは許されません。

 

最後に、担当して下さった執事さんたちが
「行ってらっしゃいませ」とお見送りしてくれます。

受付担当の執事さんにもご挨拶して
完全にお店を出たら、お嬢様モード終了。

 

・・・楽しかった。

 

*・*・*

 

もちろん人にもよるだろうけど、
これはハマるなー。
色んな意味でツヤッツヤになるよ。

すごくわかりやすく言うと、
「色々頑張ろう!」って思う。

非日常を味わって
身も心もリフレッシュされるからですかね。

 

ぜひまた行きたい。
今度はパスタランチかディナーが食べたい。
そして、スペシャルデザートも食べたい。

あと、一度くらい誕生月祝われてみたいなー。
他のお嬢様方の邪魔にならないよう、
ひっそりでいいからさ。

 

それが叶うようにするには、
確かあと3~4回は帰宅しないとダメなのよね。

メンバーズカード特典なの。遠い…!
(物理的な距離も)